ホームメッセージアクセスイベント

 

ブログ

こちらのブログにて、桜台教会で行われる、演奏会等の情報をお知らせします。

 

桜台教会
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北3-7-13
п彦ax 03-3994-1734

Sakuradai Church
3-7-13 Toyotamakita Nerima-ku Tokyo, Japan
Tel&Fax 03-3994-1734

桜台教会また牧師への問合せは nakachan@jade.dti.ne.jp まで。

 

(C) 2009 Sakuradai Church All rights reserved.
文章・画像等の無断転用、転載はご遠慮ください。

 

 梶田百子聖地旅行アルバム No.26


桜台教会員梶田百子姉が新約・旧約聖書の世界を4回(1993年・1995年・1997年・1999年)にわたり廻った時の記録です。アンペロンはギリシャ語で「ぶどうの木」を意味します。(撮影および説明は梶田姉)

緑の美しい最古の都市エリコ
砂漠の中のオアシス

良きサマリヤ人の宿
エリコからエルサレムへ上る途中にマアレー・アドミーム(赤い坂)と呼ばれる所がある。地表が酸化鉄の為 赤く染まって見える珍しい場所。ユダの荒野の中で凹凸の地形の為見通しは悪く強盗の多い所である。 オスマン・トルコのイスラエル征服時代にこの街道に巡礼用の宿が出来イエスの譬話にちなんでこの宿を良きサマリヤ人の宿と呼んでいる。ルカ10:30−37

現在は郵便局になっている。

 

エリコにあるザアカイのイチジク桑の木。徴税人ザアカイがイエスを見ようと登った木。ルカ19:1−10

古ジェリコの遺跡
海面より250m低い今のジェリコの町は、聖書の時代の場所から2kmほど離れてビザンチン時代の生活圏と一致しています。聖書の時代のジェリコの方は、現在のテル・エス・スルタン考古学地区に当たります。イギリスの考古学者達の層位測定によってジェリコが大変な「長命」であったことが確かめられています。
初めてこの土地に人が住み始めたのはB.C.7800年という驚異的な昔ですが、現在でもその時代のものとして例えば新石器時代の塔などが残っています。こんなに古い時代に防衛用の城塞が築かれたというのも大変特異な例と言えます。この歴史の地は聖書に登場し、ヨシュアが7つのラッパを吹いて難攻不落を誇っていた城塞を破壊した物語は有名です。


マサダの要塞
エン・ゲディの南20キロ、死海沿岸にそそり立つ高さ400米の天然要塞。紀元66年からユダヤの各地で、ローマ軍に対する反乱が起きたが何れも鎮圧され紀元70年には神殿も破壊される。
反乱軍最後の砦として残ったのがマサダである。全員が自決する最後の時、指揮官エリエゼル・ベンヤイール は有名な演説を残した。
『われわれは神以外いかなるものにも仕えてはならない。奴隷になる道を断じて選んではならない。今こそわれわれの高邁な決意を行動で示す時が来たのだ。われわれは自らを辱めるようなことはすべきではない。高貴な精神をもって自由な戦士として自決しようではないか』イスラエルの独立は奪われたが、ローマに滅ぼされたがユダヤの民はこの地に生き続けた。サウル王から逃れて荒野をさ迷ったダビデもここに逃れた。
(サムエル記上23:14)


物見の塔

クムラン(死海写本の発見された洞穴)

ユダヤ教の宗教的共同体エッセネ派に属する人達の生活跡、ヨハネもここにいた。1947年ベッドウインの少年が洞窟の中から死海写本を発見した事で有名



クムランより死海を見る

死海
ヘブライ語で「ヤム・ハメラフ」(塩の海)
聖書には「アラバの海」ヨシュア記3:16
地中海より東にあるので「東の海」エゼキエル48:18とも記されている。
死海の長さ78K、幅18K、総面積1020Kその中490Kがイスラエル領内。
世界で一番低い地点である。海面下398米
ヨルダン川より塩類と硫黄を含む水が流入、流れ出る事もなく強烈な日照りの為に水分が蒸発その為塩分の 含有量は35%普通の海水より10倍多い。生物は一切いない。死海の水はミネラルが多く健康によい。 世界中から治療に来る。体が浮く事で有名。

エンフェシカ真水の出る所

ロトの妻の塩柱
神の言いつけに背いて、後ろを振り返った為、塩の柱になってしまった。創世記19章

バックナンバー

梶田百子聖地旅行アルバム No25

梶田百子聖地旅行アルバム No24

梶田百子聖地旅行アルバム No23

梶田百子聖地旅行アルバム No22

梶田百子聖地旅行アルバム No21

梶田百子聖地旅行アルバム No20

梶田百子聖地旅行アルバム No19

梶田百子聖地旅行アルバム No18

梶田百子聖地旅行アルバム No17

梶田百子聖地旅行アルバム No16

梶田百子聖地旅行アルバム No15

梶田百子聖地旅行アルバム No14

梶田百子聖地旅行アルバム No13

梶田百子聖地旅行アルバム No12

梶田百子聖地旅行アルバム No11

梶田百子聖地旅行アルバム No10

梶田百子聖地旅行アルバム No9

梶田百子聖地旅行アルバム No8

梶田百子聖地旅行アルバム No7

梶田百子聖地旅行アルバム No6

梶田百子聖地旅行アルバム No.5

梶田百子聖地旅行アルバム No.4

梶田百子聖地旅行アルバム No.3

梶田百子聖地旅行アルバム No.2

梶田百子聖地旅行アルバム No.1