ホームメッセージアクセスイベント

 

ブログ

こちらのブログにて、桜台教会で行われる、演奏会等の情報をお知らせします。

 

桜台教会
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北3-7-13
п彦ax 03-3994-1734

Sakuradai Church
3-7-13 Toyotamakita Nerima-ku Tokyo, Japan
Tel&Fax 03-3994-1734

桜台教会また牧師への問合せは nakachan@jade.dti.ne.jp まで。

 

(C) 2009 Sakuradai Church All rights reserved.
文章・画像等の無断転用、転載はご遠慮ください。

 

 梶田百子聖地旅行アルバム No.14


桜台教会員梶田百子姉が新約・旧約聖書の世界を4回(1993年・1995年・1997年・1999年)にわたり廻った時の記録です。(
撮影および説明は梶田姉)

ゲッセマネの園
オリブ山の麓の中央にある。ゲッセマネとはヘブライ語で油しぼりの意。
昔はこの周辺でオリーブ油精製が盛んだった。イエスがエルサレム滞在中はいつも祈りの場としていた所。(ルカ22:39〜40)最後の晩餐後讃美をしながらケデロンの谷を渡って園に入り苦悶しつつ祈りをささげた。2000年前のオリーブの木がありその下には美しい花園がある。私邸の庭に祈るイエスの像がある。


ゲッセマネにある樹齢2000年のオリーブの木

ミツベラモンより ネゲブ地方

メギドの遺跡(ハルマゲドン)  
エジプトからシリアに至る道とイスラエル内陸部からフェニキアへ抜ける道の交差点に位置し戦略上重要な要塞都市として栄えた。大きな城壁に囲まれた町だった。前1478年にエジプトへの反乱を企てた大軍事同盟に加わりトトメス3世から宣戦布告を受けて包囲される。ソロモン王国の防衛基地としてメギドを堅固戦車の町とした。聖書の予言によると世界最終戦の戦場となる所。


ミツベラモン
ベエル・シェバから南90kmのところにミツベラモンの町がある。まちは540mほどの崖の上にあり、ここから眺める景色は、アメリカのグランドキャニオンのように雄大である。このあたりの地形は、「マクテシ・ラモン」と呼ばれ地球の地殻変動と雨水の浸食作用によって生じた見事なクレーターである。
 ミツベラモンの町は1954年に造られた新興都市で人口は約3000人。そのうちの3分の1は、イスラエルで生まれた2世たちである。
 町の南端にある展望台や地質博物館などがみどころ。

メギドの水道トンネル

ケデロンの谷
濁った流れの谷クムラン、死海に迄流れる。

オリブ山からケデロンの谷をはさんでモリヤの山にかけての山腹には預言者の墓を始めとして、ユダヤ人の無数の墓が並んでいる。これは終りの日にメシア(救い主)がオリブ山に立ち、黄金門を通って来たる時に、死人が復活するとの信仰に基いて、この地に葬られることを願ったからである。


       ●昇天教会     オリブ山

      主の祈りの教会●      →N


               預言者の墓●
                
           主の涙の教会●
           

         ●マグダラのマリヤの墓

       ●ゲッセマネの教会

●マリヤの墓  

       ケデロンの谷


    ●ステパノ教会

 

 

カナン人の祭壇


バックナンバー

梶田百子聖地旅行アルバム No13

梶田百子聖地旅行アルバム No12

梶田百子聖地旅行アルバム No11

梶田百子聖地旅行アルバム No10

梶田百子聖地旅行アルバム No9

梶田百子聖地旅行アルバム No8

梶田百子聖地旅行アルバム No7

梶田百子聖地旅行アルバム No6

梶田百子聖地旅行アルバム No.5

梶田百子聖地旅行アルバム No.4

梶田百子聖地旅行アルバム No.3

梶田百子聖地旅行アルバム No.2

梶田百子聖地旅行アルバム No.1