ホームメッセージアクセスイベント

 

ブログ

こちらのブログにて、桜台教会で行われる、演奏会等の情報をお知らせします。

 

桜台教会
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北3-7-13
п彦ax 03-3994-1734

Sakuradai Church
3-7-13 Toyotamakita Nerima-ku Tokyo, Japan
Tel&Fax 03-3994-1734

桜台教会また牧師への問合せは nakachan@jade.dti.ne.jp まで。

 

(C) 2009 Sakuradai Church All rights reserved.
文章・画像等の無断転用、転載はご遠慮ください。

 

 梶田百子聖地旅行アルバム No.8


桜台教会員梶田百子姉が新約・旧約聖書の世界を4回(1993年・1995年・1997年・1999年)にわたり廻った時の記録です。(
撮影および説明は梶田姉)

聖墳墓教会
ヴィア・ドロローサの第10〜14ステーションはこの教会の中にある。紀元326年以降コンスタンチヌス大帝が建てた。現在見学できるのは十字軍時代の建物を何度も修理、改築いたもの、地下には聖ヘレナ聖堂がある。


ヴィア・ドロローサ ダマスコ門より北へ300mの所  洞窟式の墓(岩をくりぬく)マタイ27:10


イエスが十字架に架けられたゴードンのカルバリー(ゴルゴダ)
ダマスコ門から北へ約300mの所の突き立った岩。


園の墓
ダマスコ門から北へ約300mに突き立った岩の丘がある
1883年英国軍事司令官ゴードンがイエスの墓だと指摘した場所。
ゴードンのカルバリ―(ラテン語)「イエスが十字架に架けられた所には
一つの園があり、そこにはまだ誰も葬られた事のない新しい墓があった。」ヨハネ19:41
イスラエル第二神殿時代には岩を横にくり貫いて作られた。
大きな円盤状の石で蓋が出来るようになっていた。
ヨハネ19:41との言葉から名付けられた。美しい木々に囲まれている。


イエスの墓は空だった


嘆きの壁
神殿の西側の壁。ヘロデの建てた外壁の一部。ユダヤ人にとって最も聖なる場所
紀元70年神殿崩壊後ユダヤ人は長く苦しい流浪の運命にあり泣きながら自らの運命の回復を祈り続けた。朝毎に壁が夜露にぬれて泣いているように見えたので嘆きの壁と言われた。
1976年にユダヤ人に戻った


右側が女性用、左側が男性用と祈る場所が分かれている。
ユダヤ教の人は体をゆり動かしながら祈る 壁は石灰岩。願いごとを書いて壁のすき間に入れる。神殿に一番近いので願いごとが叶うとされている


バックナンバー

梶田百子聖地旅行アルバム No7

梶田百子聖地旅行アルバム No6

梶田百子聖地旅行アルバム No.5

梶田百子聖地旅行アルバム No.4

梶田百子聖地旅行アルバム No.3

梶田百子聖地旅行アルバム No.2

梶田百子聖地旅行アルバム No.1